カーコーティングの画像

カーコーティングについて

車のカーコーティングって種類が沢山あってどれが良いの?
そもそもカーコーティングをする必要ってある?
そんな疑問を解決するために、この記事では、カーコーティングとは?ということから、カーコーティングの種類やメリット、デメリットについてご紹介していきます。

是非、参考にして下さい。

カーコーティングとは

車の色づけは、埃、排気ガスや工場からのばい煙による油脂や化学物質、鉄粉、泥や砂、紫外線などによって徐々に老朽化してきます。真っ先にコーティングとは、車のボディやガラス表面に強い特殊な皮膜コートを用意するコーティングする事です。薄くて硬い透明な被膜ですから、コーティングによってボディの色が変わったり、紫外線を吸収して変色したり、ガラス面やボディ表面、ペインティングに影響を及ぼす事はないのです。さらにワックスは撥水性に優れますが、彩色面を汚れから保持する影響はないのです、一方コーティング剤は双方の影響を供え持ったています。 コーティングとは何か、そしてどういった事例にコーティングするのが良いのかなどについてご解説します。コーティングで作られた硬い皮膜がこれらを防いでくれるので、艶や輝きが長期間持続します。自動車の彩色面等に特殊な皮膜を作り、彩色面の維持、艶出しを目的とした作業を俗にボディーコーティングとよび、俗にワックスと呼ばれるものより防護成果が長持ちすると言われています。

カーコーティングの種類

油脂系コーティングとは、旧来から使われてきたカーワックスの事です。軌跡は古く馬車のご時世からカルナバ蝋など艶だしとして使用されていました。カーワックスは広く知られ、一般ユーザーでも余裕に取り掛かりでき手の届きやすい費用ももち味です。けれども耐久性、耐熱性などには乏しく、雨にも流されてしまうため、影響の持続期間は約1ヶ月程度です。それ故、こまめなワックスがけは不可欠になります。注意すべきポイントとしては、ワックスがけを反復するうちにムラやシミが可能な事もあります。老朽化したワックスがきっかけです。手っ取り早いと考えきや、ワックスを充分に落とす作業もあるなど、ケースによっては手間が必要になる事があります。 ポリマーコーティングは高分子化合物と言われるフッ素やテフロンなどが主成分となり、ボディーの表面に防護皮膜を用意するタイプのコーティング剤です。ワックスと比べると、出費がかかったり、工事の手間がかかったりしますが、汚れから守るパフォーマンスや、耐久性はワックスよりは優れています。しかし、月次の洗車や専門のトリートメントを活用したメンテナンスが必須となります。ワックスのように一度の雨で流される気がかりは減りますが、洗車によってコーティングが落ちてしまうため、その成果の持続期間は、およそ3ヶ月と言われています。新車買い物時に、ディーラーでコーティングを勧められる事がありますが、この樹脂系コーティングのケースがあります。

PR|関東のガラスコーティング専門店ならIIC|

カーコーティングのメリデメ

コーティングには、ワックスなどの油脂を使用した油脂系コーティングや、フッ素、ポリマーを使用した樹脂製コーティング、加えて今度ご解説するガラスコーティングなどがあります。ガラスコーティングは色づけの上にガラス質の被膜を定着させて傷や汚れからカラーリングを守るもので、現時点であるコーティングの中で最も工事値段が高価なものです。ガラスの主成分であるシリカを使用しているので、このように呼ばれます。ガラスコーティングの長所としては、他のコーティング手法と対比すると持続力が強く、耐久期間が長い事が挙げられます。その維持影響は、平均して3年〜5年程度、走行環境や保管環境にもよりますが、長ければ10年程度持続する事もあるとされています。熱にも強く、長期間にわたって強力な保持影響が持続する事から、近頃では高評価のコーティング手法となってきています。現時点での車のコーティング剤の種類は、大きく区分て2種類あります。それは、ポリマー系とガラス系です。ポリマー系コーティングは、1980年代から製作されて市販されている車のコーティング剤で、実際でもわりと安価で強い艶を出せるタイプとして、多くの方に支持されています。ただポリマー系は、耐久性が弱く傷がつきやすいという事と、成果の持続期間が3〜6ヶ月間程度と、わりと短いという欠点があります。その欠点を補う車のコーティング剤が、ガラスコーティングです。これは目下のコーティングにおいて、最も評価が高いコーティング手段で、傷も付きにくく、一度ガラスコーティングすれば、1年以上成果が持続するため、心配無用して車を使用する事ができます。しかし、ガラスコーティング剤の代金は、ポリマー系よりも高い点が悪いところかもしれません。

ただし、艶やラメが長期に渡って続いて、普段的な手入れもとても楽になるというニュアンスでは、お勧めのコーティングと言えるでしょう。ズバリ車のガラスコーティングの長所とは何だと考えますか?ガラスコーティングをしている車は明らかにピカピカしていますし、もうに理解いただけますよね。車のガラスコーティングの良いところとはカーワックスをかけいなくても濡れたような光沢が持続し、スタイルにも非常に美麗ですし、ガラス皮膜は酸化しないのでコーティング成果が長持ちします。

デメリットとしてはガラスコーティングでは、最初にコーティング前の下地処理を慎重に行う不可欠があり、新車のケースはそれほどの時はかかりませんが、年を経るごとに車両のケースは下地処理だけで5日程度必要になる事もあります。コーティングを施した後も、被膜の安定に1〜2週間程度の期間が不可欠なので、長期間車が使用できないという短所が心積もりられます。定期的の通勤に車を使用する方や、業務に車が欠かせない方にとってこれは痛いですね。それ以外には、ガラスコーティングは油脂成分を内蔵さないため、ワックスなどと対比すると艶が豊かでない事や、取り掛かり料金が高価であるのも悪い面といえるでしょう。 ガラスコーティングは良い面の方が多く、愛車を持つ人であれば可能なだけ取り掛かりしてみたい方が多々あると考えますが、そのようなガラスコーティングにもちょっとだけ悪いところがあります。一つは、カーディーラーや専門専門家にガラスコーティングを頼む事例、工事総額が6万〜10万程度となり、かなり多額です。活用者にとってはその経費がナンバーワンの悪い面となります。車のガラスコーティングの悪い面とは続いて、完璧硬化するまで時が必要になる事。専門エキスパートなどによるガラスコーティングは1日で可能なわけではないのです。この期間はダメージを受けやすく、ダメージを受けたら再加工しなければなりません。エキスパートに頼んだ時は数日〜1週間程度、愛車をエキスパートに預ける事になります。これらが専門家に頼んだ事例の悪い面です。

 

カーコーティングのまとめ

コーティングによって得られる成果も重要ですが、そうは言っても経費も見過ごせないところです。となれば成果の高いコーティング剤は高くなってしまいます。けれども、そのような事例でも費用だけで選定すると間違いしてしまう事があります。理由を言えば、一度に支払う出費が安価にても影響が持続しなければニュアンスがないからです。車のコーティングは取り掛かりしなくてもいい時があります。一例を挙げれば、毎週のようにしょっちゅうな洗車が可能なのであれば必須ではないのです。ただし、そのような時もなければ、手間をかけるのも大変だと考えます。そんな訳で成果を発揮するのがコーティングになるのです。忙しくて時がなければ、影響の持続期間が長いコーティングが不可欠ですし、洗車を水洗いくらいで手っ取り早くに済ませたいのであれば、汚れを防ぐ影響の高いコーティングが必須になります。

埼玉県でガラスコーティングを施工するならIIC