タイトル付けの面白さ

毎日たくさんのニュースがあり、新聞やブログ記事などが更新されています。その一つ一つに必ず題名・タイトルが存在し、創意工夫がなされています。ウェブ検索も同様にたくさんの結果の中から読みたいなと思わせるタイトル付けを行うことは必須項目と言えます。

ウェブサイトのページもしかり、タイトルには文字数の目安もあります。多くの人が利用するGoogleでの検索結果も考慮すると32文字程度が最適とされます。その中に如何にクリックしたくなるキーワードを埋め込めるかがポイントとなります。

タイトル付け

自分にプラスになるか

【タイトル例】
・話すのが苦手な人のために送る裏技トーク術
・失敗続きの私が痩せたダイエット術~前編~
・仕事ができる人の朝の行動パターン

検索をするときは基本的に疑問の解決や探し物をしている時です。この記事を読めば問題が解決するのではないかというタイトルはとても心に響きます。

こういった現状への自分への不満や将来なりたい自分への方向性の提示はとても興味をそそられます。

数字を入れる

【タイトル例】
・BBQを楽しむ10個のテクニック
・絵の練習を3ヶ月したので見て欲しい
・売上を17倍にした手に取られるパッケージ
・4.5畳でも住みたい人が殺到する3つの理由
・10分でわかるオーディオ機器の選び方

本や映画のタイトルにもよく数字が入っているのを見かけます。具体的で明確な数字は説得力もあります。また、達成できそうな数字であれば自分もチャレンジしてみようと心を動かすことができます。

数値があることでどのくらいの情報量があるのかが推測でき、期待値もあがります。また、自分との比較が容易にできますので数値結果が明確な場合に使えます。

感情を入れる

【タイトル例】
・泣くほど喜ばれたお父さんへのプレゼント
・劇的にはかどる!アプリ開発の作業効率ツール10選
・【悲報】うますぎて太ってしまった最新トレンドお菓子

タイトルに筆者や相手の感情をもりこむことでその状況や背景を想像させることができます。実際に自分も同じ体験したいと感情を動かすことができます。

しかしながら、好みが分かれやすい項目で感情を入れすぎると読者との温度差ができてしまい敬遠されるケースもあるので注意が必要です。

たくさんのテクニックがありますが、タイトルと記事内容が異なっていたり煽りすぎているとすぐに離脱してしまったり読者へ不快感を与えてしまいます。時にはSNSなどを通しての誹謗中傷や炎上も無いとは言い切れません。

読者が必要としている情報や解決したい疑問がしっかりと整っていてこそ、タイトルが改めて深く心に突き刺ささります。頭でっかちになりすぎないように情報量を考慮してタイトル付けをすることも重要です。