ネーミングの上で注意したいこと

ネーミングをする上で気をつけなければならないことはたくさんあります。簡単に名前を変更できるケースは稀で、多くは商品のパッケージやロゴ制作、webドメインの取得など変更に融通が利きません。後で後悔しないように注意点を網羅しておくことがとても重要になります。

ネーミングの上で注意したいこと

同じ言葉が関連商品で先に利用されていないか

一番最初にチェックしておきたい項目です。現在はインターネットが当たり前のように普及していますので検索をすることである程度のチェックは可能です。また、商標の検索もしておくとより安心です。読みやすいか
難しい漢字や外国語などの横文字は形としてカッコよくても読めなければ浸透は難しいといえます。日本人の多くの人がパッと読めることはとても重要です。

イメージできるかどうか

ネーミングだけでなくロゴにも関わりますが、サービス・商品を連想できることも大事です。季節感やカラー、擬音など多方面から連想キーワードをあげ、最適なものを利用しましょう。医療系の商材はこの傾向が強く見られます。

語呂の良さ

日本には俳句や短歌など決まったリズムの定形型が存在します。その他にも同じ言葉や母音を続けるなどテンポの良さが耳に心地よく感じます。

奇をてらいすぎていないか

子供の名付けにブームがあるように時代とともに愛される文字は異なり、流行り廃りは存在します。あまりに突拍子もない言葉をつけてもすぐに失速してしまっては元も子もありません。

この先の進化も考えて

サービス内容をネーミングに盛り込むことは連想させる上でとても重要です。しかし、今後進化する可能性が高い技術等を盛り込んでしまうと一気に古臭い名前になってしまい、変えざる得なくなってしまいます。そうなると世間への周知を再度行うことになりますので注意が必要です。

他の国で失言に値しないか

現在はグローバルな社会で海外との繋がりもとても密になりました。日本の商品が海を越えて愛されているという話も多々あります。輸出まで考えていなくてもネィティブチェックは抑えておきたい項目です。